千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?正体が人間なのか考察した!

邦画

スポンサードリンク



千と千尋の神隠しは、魅力的なキャラクター達も人気を支えていますね。
千尋の指導役として油屋で働くリンですが、作中では明言されない設定などもあるんです。
「年齢や性別は?」「正体は人間なの?」
そんな疑問に答えるべく、考察をしていきたいと思います。

千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別は?

早速、千と千尋の神隠しのリンの年齢と性別についてお伝えいたします。

リンは外見年齢14歳と、公式資料で明言されています。

性別は女性です。
いくつか根拠もあるので見ていきましょう。

1つ目は、千と千尋の神隠しが湯屋、つまり江戸時代の風俗店を参考にしているのは有名ですね。

湯屋で働く女性のことを「湯女(ゆな)」と言います。
湯女は男性客の体や髪を、風呂場で洗い流すサービスを行っていました。
だから別名「あかかき女」とも呼ばれていました。
千尋が「クサレ神」を洗い流すシーンを連想した方も多いことでしょう。

そして湯女と同じく、江戸の風俗と言えば遊郭です。
遊郭には、遊女のお世話をする「かむろ」と呼ばれる女の子たちがいました。

千尋やリンの立場は、このかむろに近いものだったと思われます。
かむろは幼いうちは、遊郭の雑用や遊女の小間使いとして働きます。
そして15歳くらいになると、いよいよ遊女としての仕事をするようになります。
千尋が10歳、リンが14歳。年齢とぴったり合いますね。

2つ目は、千尋とリンが寝泊まりする大部屋です。
2人のほかにも共同で過ごす労働者が見られますが、全員女性です。
「お姉さま方に頼まれてんだよ」というセリフからも、日常的に親しくしているのは女性だと考えられますね。

続いて、千と千尋の神隠しのリンの正体は人間なのでしょうか?

スポンサードリンク


千と千尋の神隠しのリンの正体が人間なのか考察した!

千と千尋の神隠しのリンの正体ですが

「白狐」という見方が有力です。

ジブリの公式絵コンテ集に、キャラクターデザインが掲載されています。
リンのラフ画もありますが、そこに「白狐」と書かれているのが、この説の根拠になります。

そもそも油屋には、人間はいません。
リン自身も初めて千尋と会ったときに「人間がいちゃヤバいよ!」と発言しています。

油屋で働く男性従業員はカエル。
そして女性従業員はナメクジです。

それにしても、狐というのは「お稲荷さん」とも呼ばれ、日本では神聖な動物であると言われています。
特にかの有名な伏見稲荷神社。
そこで祭られているのは白い狐です。
白い狐は神様の使いで、縁起のいいものとされています。

そんなリンが、なぜ油屋で働いているのか。

リンは海の向こうの街に憧れを抱いています。
「おれいつかあの街に行くんだ。こんなとこ絶対にやめてやる」

不本意ながら、油屋に縛られているリン。
どんな生い立ちがあるのか、想像が膨らみますね。

ここで千と千尋の神隠しの声優キャストを確認しておきます。

スポンサードリンク


千と千尋の神隠しの声優キャストは?

千と千尋の神隠しの声優キャストはこちらです。

千と千尋の神隠しの声優キャスト 柊瑠美(荻野千尋/千)

NHK連続テレビ小説「すずらん」や「ニャンちゅうワールド放送局」に出演していた女優です。
「千と千尋の神隠し」公開当時は14歳でした。
その後ジブリでは「崖の上のポニョ」「コクリコ坂から」にも出演しています。

千と千尋の神隠しの声優キャスト 入野自由(ハク)

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「ハイキュー」「おそ松さん」など出演作多数の声優です。
俳優としての活動も行っており、演技力の幅の広さで女性ファンも多くいます。
洋画の吹き替えや音楽活動など、マルチに活躍しています。

千と千尋の神隠しの声優キャスト 夏木マリ(湯婆婆)

「医龍」シリーズや「男はつらいよ」シリーズ、「ピンポン」など、数多くのドラマ、映画に出演するベテラン女優です。
シンガーとしても活躍し、海外でも多くの賞を受賞しています。

千と千尋の神隠しの声優キャスト 神木隆之介(坊)

「探偵学園Q」や「SPEC」など、ドラマや映画で主演も多くつとめる俳優です。
声優としては「サマーウォーズ」「君の名は。」など、主演作品が大ヒットしました。
ジブリでは他にも「ハウルの動く城」に出演しています。

千と千尋の神隠しの声優キャスト 玉井夕海(リン)

主に歌手として活動しています。
映画監督の勉強をしていたことがきっかけで、千と千尋の神隠しの声優をつとめました。
実際、監督・脚本として映画制作も行っています。

その他の声優さんはこちらになります。

内藤剛志(荻野明夫)
沢口靖子(荻野悠子)
菅原文太(釜爺)
大泉洋(番台蛙)
安田顕(おしら様)

それでは最後に、リンの考察をまとめていきます。

スポンサードリンク


千と千尋の神隠しのリンの正体考察まとめ

今回は、千と千尋の神隠しのリンを紹介してみました。

ちなみに油屋で働く従業員たちは、ほとんど全員偽名で湯婆婆と契約しているそうです。
だから契約の力も、それほど強くはないんです。
「名のある川の主」が砂金をまいたときに拾いに行ったり、千尋への意地悪にブーイングしたり、確かにけっこうフリーダムでしたね。

名シーン「お客様とて許せぬ!」が表すように、湯婆婆は意外と従業員思いなのかもしれません。
もしかしたらリンが望む海の向こうの街へも、いつかは行かせてくれるかもしれませんね。

画像出典金曜ロードシネマクラブ:https://kinro.ntv.co.jp/

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました