耳をすませば(実写化映画)のロケ地と公開日はいつ?ネタバレ(あらすじ)とキャストは?

耳をすませば実写化映画邦画

スポンサードリンク



ジブリ映画『耳をすませば』が実写化されることになりましたが、「ロケ地はどこ?」「公開日はいつ?」「上映はいつまでなの?」と気になっている方もいらっしゃるかと思います。

そこでロケ地(撮影場所)、また上映期間(公開日)試写会情報について調べてみました。

さらにネタバレ(あらすじ)キャスト、さらには感想レビューも紹介しますね。

実写化映画『耳をすませば』のロケ地は?

実写化映画『耳をすませば』のロケ地ですが、ジブリ映画『耳をすませば』の舞台がどこかご存知でしょうか?

ジブリ映画『耳をすませば』の舞台は東京聖蹟桜ヶ丘(せいせきさくらがおか)です。

聖地巡礼に行かれてる方も結構いらっしゃいますね。

ジブリ映画では杉の宮駅でしたが、モデルはこちらの京王線聖蹟桜ヶ丘駅ですね。

https://www.instagram.com/p/BWP4NXEFwD9/?utm_source=ig_web_copy_link

このいろは坂もこちらのいろは坂通りがモデルとなっています。

ロータリーはまさにここですね。

https://www.instagram.com/p/BWRyYR5Ff6L/?utm_source=ig_web_copy_link

クラスメートの杉村が月島雫に告白したのがこちらの金比羅神社です。

https://www.instagram.com/p/BWR2cJPFgZI/?utm_source=ig_web_copy_link

雫が駆け下りた階段はこちらの天守台にあります。

https://www.instagram.com/p/7O_o_5JSht/?utm_source=ig_web_copy_link

雫が住んでいた団地はこちらの愛宕団地がモデルですね。

聖蹟桜ヶ丘には耳をすませばマップがありますので、聖地巡礼に行かれてはいかがですか?

ジブリ映画『耳をすませば』の舞台が聖蹟桜ヶ丘でしたので、実写映画も聖蹟桜ヶ丘でロケされるでは・・・
という期待している方も多いですね。

ただ、実写化映画『耳をすませば』はジブリ映画の10年後のストーリーです。

月島雫と天沢聖司はそれぞれ中学3年でしたね。

24歳の雫は出版社で児童小説の編集者に、一方、夢を追い続けて海外で暮らす聖司のようですので、そう考えると、聖蹟桜ヶ丘を出てしまっている可能性もあります。

ですので、海外ロケもあることでしょう。

耳をすませばのファンとしては、やはり聖地である聖蹟桜ヶ丘での撮影してもらいたいところですよね。

撮影は2月中旬にスタートし、3月にクランクアップ予定です。

その頃には、主演の松坂桃李さんや清野菜名さんの目撃情報でロケ地がわかるかもしれません。

もうしばらくお待ちくださいね。

また他のロケ地情報があれば更新します。

 
 
さて、そんな実写化映画『耳をすませば』ですが、公開日はいつでしょうか?

スポンサードリンク


実写化映画『耳をすませば』はいつが公開日?

松坂桃李さんと清野菜名さんが演じる実写化映画『耳をすませば』の公開日はいつでしたでしょうか?

ジブリ映画『耳をすませば』は1995年に公開されました。

25年が経ち、松坂桃李さんと清野菜名さんによる実写化。

さらに監督には『約束のネバーランド』の実写映画も手がけた平川雄一朗監督ですので、楽しみしかありませんよね。

そんな実写化映画『耳をすませば』の公開日は、2020年9月18日(金)です。

その実写化映画『耳をすませば』の試写会情報をお知らせしますね。

スポンサードリンク


実写化映画『耳をすませば』の試写会はいつ?

実写化映画『耳をすませば』の試写会はいつか気になっている方も多いと思いますが、当然まだ何も決まっていません。

完成披露試写会は公開の約一月前にされることが多いです。

まだ公式サイトもオープンされていませんが、こちらのブログで試写会情報がわかりましたら、ご案内しますね。

お楽しみに!

 
 
さて、ここで実写化映画『耳をすませば』の作品情報とあらすじ(ネタバレ)をさらっと紹介しておきますね。

スポンサードリンク


実写化映画『耳をすませば』の作品情報

こちらが実写化映画『耳をすませば』の作品情報です。
(2020年1月18日時点)

作品名耳をすませば
製作国日本
公開日2020年9月18日(金)
監督平川雄一朗
原作柊あおい
主題歌
上映時間

実写化映画『耳をすませば』のネタバレ(あらすじ)はというと・・・

実写化映画『耳をすませば』のネタバレ(あらすじ)は?

実写化映画『耳をすませば』のあらすじをご紹介します。

実写化映画『耳をすませば』は原作の世界観を忠実に再現する“あの頃”(過去)と、オリジナルストーリーである10年後(現在)が描かれています。

ですので、まずはあの頃(過去)の話がどんな内容だったか確認しておきましょう。

読書好きな中学生3年生の少女・月島雫は、自分が図書館で借りてくる本の貸し出しカードの多くに「天沢聖司」という名前があるのを見つけ、それ以来、顔も知らない天沢聖司の存在が気になっていた。

夏休みのある日、図書館に向かう途中で遭遇した一匹のネコに導かれ、雫は「地球屋」という不思議な雑貨店に迷い込む。

やがて店主の孫の少年が天沢聖司であることを知り、2人は徐々に距離を縮めていく。しかしバイオリン職人を目指す聖司は、中学を卒業したらイタリアへ渡ることを決めていた。その姿に刺激を受けた雫は、本を読むばかりではなく、自らも物語を生みだそうと決意するが……。

eiga.com

思い出してきましたか?

この10年後のオリジナルストーリーが実写化映画では描かれます。

24歳になった雫は出版社で児童小説の編集者になりました。

また天沢聖司は夢を追い続けて海外で暮らしています。

2人がどんな10年をたどったのでしょうね。

実写化映画『耳をすませば』のキャストも確認しておきますね。

スポンサードリンク


実写化映画『耳をすませば』のキャストは?

実写化映画『耳をすませば』のキャストはこちらです。

松坂桃李(天沢聖司)

「耳をすませば」はアニメーション映画で何度も見た作品です。
学生生活の日常にある歯痒さや微妙な距離感で感じる甘酸っぱさ。
あの頃にしか感じられないものが詰まっていて素敵だなと思っていました。
あの物語の“その後”を想像した方もいらっしゃるのではないでしょうか。
僕もそうでした。
月日を経て描かれる“その後”の物語に関われることを嬉しく思います。
平川監督とは初主演の作品「ツナグ」でガチガチに緊張していた僕にムチを打ちながら支えてくださった方。
監督のお陰で走りきることができました。

その平川監督ともう一度組む事ができる喜びと緊張感を噛み締めながら、撮影に臨みたいと思います。

清野菜名(月島雫)

https://www.instagram.com/p/B64piMkl6E-/?utm_source=ig_web_copy_link

この度、映画「耳をすませば」で、月島雫を演じることになりました。
誰もが大好きな名作「耳をすませば」の世界に雫として存在出来ること、とても嬉しく光栄に思っております。
あれから10年。
雫はどのようにして大人になっていったのか、彼女の思いに寄り添いながら、雫の持っているピュアな心を大切に、丁寧に演じていきたいと思っています。

月島靖也(雫の父)
月島朝子(雫の母)
月島汐(雫の姉)
西司朗(地球屋の主人、天沢聖司の祖父)
バロン

それ以外のキャストはまだ決まっていません。

ちなみに、ジブリ映画の声優さんはこの方々でしたね。

本名陽子(月島雫)
高橋一生(天沢聖司)
立花隆(雫の父)
室井滋(雫の母)
山下容莉枝(雫の姉)
露口茂(バロン)

個性豊かなオールスターキャストが結集しており、後日発表予定とのことですので、期待しましょう。

もちろん、情報が公開されましたら、こちらのブログを更新してご案内します。

やはり、高橋一生さんには何らかの役で出演してもらいたいですよね。

こんな声もありますね。

いいかもしれませんが、ちょっと無理がありますね^^;

https://twitter.com/jessica90780/status/1216893471383908357?s=20

スポンサードリンク


実写化映画『耳をすませば』まとめ

実写化映画『耳をすませば』のロケ地(撮影場所)、さらには上映期間(公開日)についてご紹介しました。

公開日は

2020年9月18日

です。

ロケ地というよりジブリ映画の聖地である聖蹟桜ヶ丘での撮影がされるのか?
乞うご期待ですね。

平川雄一朗監督と西麻美プロデューサーはこのように語っています。

「耳をすませば」という沢山の人達が知っている原作の10年後を描くという実写映画化に大変な緊張感とプレッシャーを抱えていますが、主演の2人を始めとするスタッフキャストの力を集結させ、原作の空気感をそのままに心温まる映画となるよう邁進したいと思います!
(平川雄一朗監督)

私も大好きな作品「耳をすませば」を実写映画化しようと考えた時、とても悩みました。
ですが、実写映画の形を探る中で、原作にある中学生時代に加えて10年後の大人になった雫と聖司を描いたらどうだろうと思いつきました。
そして、雫役に清野菜名さん、聖司役に松坂桃李さんというお2人が決まったことで、これは素敵な作品にできると確信しました。
中学生時代と大人時代を描く実写版「耳をすませば」、楽しみに待っていただけたらと思います。
(西麻美プロデューサー)

出典:natalie.mu

実写化映画『耳をすませば』の公開を楽しみにしましょうね。

公開されたら、ぜひ劇場に観に行きましょう!

 
 
最後まで読んでいただきまして有難うございました。

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました