テセウスの船でワープロにタイピングをしていたのは誰か?真犯人は加藤みきおor黒幕か?(考察)

ドラマテセウスの船邦画

スポンサードリンク



テセウスの船で1話、2話でワープロにタイピングしていたのは誰なのでしょうか?
6話で真犯人として加藤みきおが浮上してきました。
タイピングしていたのも加藤みきおなのでしょうか?
それとも黒幕が別ににいるのか考察してみました。

テセウスの船でワープロにタイピングをしていたのは誰?

テセウスの船の1話、2話でワープロにカタカタを文章を打ち込んでいるシーンがあります。

1話で登場したワープロの文章はこちら。

1.
パラコートは予想外に時間がかかった。やはり『本番』は、あの薬でいこう。
計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる

2.
あの薬は手配した。
『本番』に向け、まずは準備だ。念入りに、慎重に。
誰にも邪魔させない。

3.
超能力?笑える。
誰だろうと邪魔はさせない。
計画は完璧だ

4.
次のモルモットを決めた。
いよいよ『本番』に向けてカウントダウンだ。
ワクワクする

続いて、こちらが2話のワープロの文章です。

5.
警察は千夏の捜査を続けている。
でも案外バレない。
『本番』に向けて、そろそろ次のイベントを始める

6.
やっぱりあの薬はすごい!
朝になったら皆がどんな顔をするか…
楽しみ過ぎて今夜は寝られそうにない

7.
今日は気分が悪い。
気晴らししたくてウズウズする。
やるなら今日だ。今日がいい

8.
翼が死んだ。
バカなヤツだが盛り上げてはくれた。
本番まであと2ヶ月。
待ちきれない

果たして、誰がこのワープロを打っていたのでしょうか?

最初は、引き出しの中にワープロがあった田村心(竹内涼真)の父親である佐野文吾(鈴木亮平)っぽい演出もありました。

でも、真犯人が佐野文吾でないことは明らか。

ではあのワープロは誰が打っていたのでしょうか?

可能性があるのはこの5人でしょうか?

井沢健次(六平直政)ワープロを打っているシーンあり
田中正志(霜降り明星のせいや)ワープロを打っているシーンあり
徳本卓也(今野浩喜)不明
石坂 秀夫校長(笹野高史)ワープロが職場にあり
木村さつき(麻生祐未)ワープロを使える環境にあり

田中正志と木村さつきは、すでに殺されました。
2件とも加藤みきおの犯行でしょう。

原作を読んだ方はご存知で、少々ネタバレになりますが、原作では大量殺人をした真犯人は木村みきお少年でした。

ただワープロの打つスピードだったり、翼と呼び捨てにしているところから考えても少年ではないと考えます。

そうなると、可能性とすれば、
井沢健次(六平直政)
徳本卓也(今野浩喜)
石坂 秀夫校長(笹野高史)

の3人の可能性が高いです。

ただもう1人だけ可能性があります。
それは、6話で真犯人として、田村心をナイフで刺した加藤みきおです。

ワープロでタイピングしているのも真犯人の加藤みきおなのでしょうか?

スポンサードリンク


ワープロでタイピングしているのも真犯人の加藤みきおなのか?

原作では、加藤みきおもタイムスリップして過去に行っています。
ドラマと全く同じ展開ではない可能性もありますが、加藤みきおも過去にタイムスリップするのはほぼ濃厚です。

では、それがいつだったのか?

田村心が最初に過去にタイムスリップしたときに、すでに加藤みきおもいたとしたら・・・

ワープロに打っているのが加藤みきおの可能性は十分にあります。
田村心の事件ノートと免許書を拾い、木村みきお少年と加藤みきおが示し合わせて犯行に及んだのか?

ただ、原作者である東元俊哉さんは、「ドラマは原作と犯人が違うと聞いています」と衝撃発言をしています。

個人的には、貫地谷しほりさん演じる佐野鈴が実は三島明音(みしま あかね)と入れ替わっていた説がかなり有力と考えています。

その理由としては、こちらの公式ツイート。

佐野鈴が二人いることに気づかれていますでしょうか?

貫地谷しほりさん演じる佐野鈴と白鳥玉季ちゃん演じる少女佐野鈴。

貫地谷しほりさんの大人の佐野鈴の顔には痣があります。
平成元年に凍傷になり顔に痣が残りました。

けれど、現代の佐野鈴の顔には痣はありません。

整形して顔を変えたときに痣も消したとも考えられます。
ですが、三島明音ちゃんが佐野鈴になりすましているとも考えられます。

というのも、三島明音ちゃんは原作では死亡しているのですが、ドラマでは死亡せず生存していると改変されています。

これが伏線という可能性は十分に高いと思いますが、いかがでしょうか?

スポンサードリンク


ドラマ『テセウスの船』の作品概要

作品名テセウスの船
製作国日本
放送日2020年1月19日~
放送時間TBSテレビ 日曜 21:00
原作東元俊哉
脚本高橋麻紀
あらすじ心がタイムスリップしたのは、事件が起こる直前の1989年(平成元年)、事件現場となる雪深い村だった。その村で心が目にしたのは、自分の家族の温かく笑顔あふれる姿。父の事件を阻止すれば、家族の笑顔を守れる! 心は事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、「過去を変える」というタブーに挑む決意をする。 時代を超えて繋がる家族の絆が生み出す奇跡の物語。出典:Paravi公式サイト
主題歌EDUru『あなたがいることで』

スポンサードリンク


テセウスの船でワープロにタイピングは誰かまとめ

テセウスの船でワープロにタイピングしているのは誰かを考察してみました。
真犯人の加藤みきおなのか?それとも黒幕がいるのか?

ドラマも佳境に入ってまいりました。

7話の予告でもワープロの文章が出てきます。
ついに打っているのが誰のかが明らかになるのか?

次回の展開に期待しましょう!

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました