コンフィデンスマンJPロマンス編(映画2019)のネタバレ(あらすじ)は?感想と評価は?

コンフィデンスマンJPロマンス編2019年映画邦画

スポンサードリンク



2019年に公開された映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』は、2018年に放送され高視聴率を獲得していたドラマ「コンフィデンスマンJP」の続編になっています。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』では、今までに出演していたキャストを含め、あらすじネタバレで豪華な人物が出演していると感想でも高評価を獲得し話題になっていました。

この記事では、2019年に公開された映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のあらすじやラストのネタバレだけではなく、評価や感想なども含めて紹介していきます。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のあらすじは?(ネタバレなし)

それでは、まず2019年に公開された映画『コンフィデンスマンJPロマンス編」のあらすじをネタバレなしで紹介していきます。

 

主人公の「ダー子(長澤まさみ)」と謎の男性「ジェシー(三浦春馬)」との甘いシーンでストーリーが始まっていきました。

 

場面は変わりダラダラしていたダー子は、新たなターゲットを求めて退屈していると、テレビで韓国マフィアの「ラン・リウ(竹内裕子)」を見つけます。

足を洗ってヒーローショウで活躍していた「ボクちゃん(東出昌大)」とバカンスを楽しんでいた「リチャード(小日向文世)」に集合をかけました。

そして街でダー子に詐欺を仕掛けてきた「モナコ(織田梨沙)」を引き抜き、仲間に加えたのです。

 

一方で日本の裏社会を牛耳っている人物「赤星栄介(江口洋介)」は、自分から20億を奪ったダー子とリチャードとボクちゃんを探し出し殺す計画を立てていました。

 

何も知らないダー子たちは、ターゲットであるラン・リウの情報を仕入れる為にみんなで香港へと旅だって行きます!

みんなで協力しラン・リウの情報を集めるダー子たちは、一旦マカオのカジノでギャンブルを楽しむ事にしました。

有り金を全部失ったダー子が眠っている時にモナコは、ダー子とボクちゃんの関係について質問をします。

モナコは、ダー子を最高の詐欺師だと褒めちぎっていると、リチャードはダー子でも勝てなかった相手がいると教えました。

恋愛詐欺師のジェシーにダー子は、太刀打ちできず身も心も捧げてしまった過去を明かしたのです。
 
 
さて、ダー子たちは赤星から逃れ、ラン・リウを騙すことができるのでしょうか?

以下、『コンフィデンスマンJPロマンス編』のネタバレとラスト結末が書かれています。『コンフィデンスマンJPロマンス編』をまだご覧になっていない方、もしくはストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサードリンク


映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のネタバレは?(ネタバレあり)

それでは、映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のラストまでのネタバレを紹介していきます。
もう一度お伝えしますが、ネタバレ、ラスト結末があるので、見てない方、結末を知りたくない方は注意してくださいね。

ラン・リウの情報を掴んだダー子たちは、確実に接触する為に競馬場へと出向き、預言者のフリをして近づきました

ラン・リウがダー子たちのエサに食いつき、計画通りに進められると思った矢先にジェシーが現れ動揺してしまいます。

ですが、ジェシーの協力もありダー子とモナコはラン・リウの信用を獲得しました。
ジェシーは、ダー子に仲良くしようと言いましたが、協力などしないと言って敵視をむき出しにし去って行きます。

 

中々作戦が上手く行かず、ダー子はジェシーからもらった情報を頼りにラン・リウが本当に欲しがっているモノがだと気づきました。
ジェシーもダー子の作戦も思い通りにいかず、ラン・リウは今でも別れた旦那の事を愛していると知り、手を組み一緒に伝説のダイヤを狙う事にします。

元旦那と再会させようとしたのですが、ラン・リウは元旦那の気持ちが既に自分にはないと知り傷つきました。

そして、待っていたジェシーの胸に飛び込もうとしましたが、ダー子がラン・リウに向かってピストルを構え、「ジェシーは私のモノよ」と発砲してしまいます。

ラン・リウをかばったジェシーは倒れ込み、ダー子は逃げて行きました。
病院でジェシーに付き添っていたラン・リウは、目覚めたジェシーに一緒に過ごす決心がついたと言います。

 

翌日ラン・リウが目覚めると、ジェシーの姿は無くなっていたのです。
ジェシーは、ダー子と一緒に姿を消してしまい、ボクちゃんとリチャードたちは裏切られたと知り途方に暮れてしまいます。
 

モナコの言葉でダー子を追いかけて見つけると、これからはジェシーと一緒に動く事に決めたと言いました。

飛行機に乗り込もうとすると、そこには赤星栄介が待ち構えていてボクちゃんたちも一緒に囲まれてしまいます。
ジェシーの本当の狙いは、ラン・リウのダイヤとダー子たちを赤星栄介に引き渡すことだったのです。

そして、本当はモナコがジェシーが差し向けた詐欺師でスパイだった事が判明します。
モナコは、罪悪感で黙ったまま涙を流し始めてしまいました。

 

ダー子たちが捕らえられていると、激怒したラン・リウが連れてきた警察官たちが現れ、一触即発の事態になります。
ジェシーと赤星栄介は、ヘリコプターで逃亡して行きダー子たちは逮捕されてしまいました。

 

赤星栄介は、ダイヤモンドを鑑定に出しましたが、ただの贋物だと言われジェシーに激怒します。

香港へ戻りラン・リウの自宅へ行きますが、そこは既にもぬけの殻だっただけでなく、元夫も仕込みだった事に気づき、ジェシーと赤星栄介は騙されたと知りました。

 
実は





ダー子は、「鈴木さん(前田敦子)」がジェシーに騙された事と赤星栄介が自分たちを狙っている事を知り、一緒に初めからエサを撒いていたのです。

ダー子は、ラン・リウの正体が明かされていない事を逆手に取り、自分の憧れている詐欺師に協力を頼み一緒に詐欺を企てていたのでした。
 
 
さて、映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の感想はというと・・・

スポンサードリンク


映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の感想は?


映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の感想をお伝えします。

2019年に公開された映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の感想は、ドラマの時よりも更にスケールがデカく、見ごたえのある展開になっていました。

出演者たちもとても豪華で、ラストのネタバレでは種明かしが見事だっただけでなく、実際にラン・リウが冒頭で登場していた点なども含め満足感のある作品です。

ここで、映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の作品情報とキャストを紹介しておきますね。

スポンサードリンク


映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の作品情報とキャストは?

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の作品情報とキャストはこちらです。

作品名コンフィデンスマンJPロマンス編
製作国日本
公開日2019年5月17日(金)
監督 田中亮
原作 古沢良太
主題歌Official髭男dism「Laughter」
上映時間116分

長澤まさみ(ダー子)
東出昌大(ボクちゃん)
小手伸也
小日向文世(リチャード)
織田梨沙
瀧川英次
マイケル・キダ
前田敦子
佐津川愛美
岡田義徳
桜井ユキ
生瀬勝久
山口紗弥加
小池徹平
佐藤隆太
吉瀬美智子
石黒賢
竹内結子
三浦春馬
江口洋介
 
 
ところで、映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』はどのような評価なのでしょうか?

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の評価は?

こちらが映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の評価ですね。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の評価は、とても高く続編の「プリンセス編」なども期待されています。

評価には、ラストのネタバレを知っていても楽しめる作品だとファンの間でも高評価を得ていました。

スポンサードリンク


映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』まとめ

この記事では、2019年に公開された映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』のあらすじやラストのネタバレだけでなく、感想や評価などを紹介していきました。

豪華なキャストが出演していて、あらすじやネタバレも最後まで見ごたえのある作品となっていて、ドラマを観た事がない方でも楽しめる内容になっています。

映画『コンフィデンスマンJPロマンス編』の続編の『プリンセス』編にも期待が集まっているので、今までの作品と合わせて是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました