美食探偵明智五郎6話のロケ地(撮影場所)の料亭とカレー屋はどこ?ネタバレ(あらすじ)と感想は?

美食探偵の動画無料視聴方法ドラマ

スポンサードリンク



日テレ系日曜ドラマ『美食探偵明智五郎』6話の気になるネタバレ(あらすじ)と感想をご紹介します。

今回は、明智のお見合い相手が毒殺されてしまうお話です。どんどん結束が強まるマリアファミリーの手口とは?そして…実は明智が狙われていた?!真犯人の存在と目的とは?

また、お見合いが行われた料亭や苺と桃子が食事をしていたカレー屋はどこなのか?など、ロケ地(撮影場所)についてもご紹介していますので、どうぞ最後までお付き合いください。

 

美食探偵明智五郎のネタバレは以下からご覧ください。

美食探偵明智五郎6話のロケ地(撮影場所)は?

早速、美食探偵明智五郎6話のロケ地(撮影場所)を紹介していきますね。

美食探偵明智五郎6話のロケ地の料亭は?

明智と六郎に扮する苺が出席したお見合いシーンのロケ地(撮影場所)は、『料亭 山屋』です。

明治初年から営業している老舗料亭で、 “武蔵野の風趣豊かな庭園” と “季節ごとのこだわりの料理” が評判の日本料亭です。古き良き料亭の “料亭ウェディング” も好評のようです。

そんな料亭山屋は、テレビ東京の情報バラエティ番組『出没!アド街ック天国』で、複数回紹介されています。

映画やドラマなどのロケ地としても使われることがあり、映画『新宿スワン2』やNHKドラマスペシャル『白洲次郎』(2009年)[第3話]、また、TBS日曜劇場『下町ロケット』第2シリーズ(2018)[第1話]では、的場取締役(神田正輝)と財前部長(吉川晃司)の会談シーンで、庭園の見える大座敷と料理が撮影に使用されています。明智のお見合いの席で、出てきた料理も料亭山屋のものではないでしょうか。
料亭 山屋
住所:埼玉県川越市幸町11-2

 

ちなみに、明智が料亭内の小屋に監禁され炎に包まれている中、マリアがやって来て熱いくちづけを交わしていたシーン。こちらについては炎が危険ですので、よみうりランド近くにある日本テレビ所有の『生田スタジオ』で、撮影されたものではないかと思われます。

住所:神奈川県川崎市多摩区菅仙谷3-20-1

 

美食探偵明智五郎6話のロケ地のカレー屋はどこ?

苺と桃子が美味しい料理に囲まれて女子会をしているお店が毎回気になりますが、今回は “インドカレー&でっかいナン” がとても美味しそうなお店でした!

さてさて、ロケ地(撮影場所)は?どこにあるのか知りたいですよね~。

 

『インド・ネパール料理 RAJA(ラージャ) 調布店』というお店でした。

・本格的なインドカレーが全39種類と豊富で、辛さは甘口から激辛まで選べる。

・自慢の大きなナンは、伝統のタンドゥール窯の炭火でじっくり火を通して焼かれている。

・タンドリーチキンやサラダ、ピザなど他にもたくさんの一品料理が充実している。

などが、おすすめポイントです。

このご時世、テイクアウトができるのもうれしいですね。

ランチセットも人気で、 “ナン or ライスがおかわり自由” とお得です!

住所:東京都調布市小島1-34-1 1F


 

さて、そんな撮影場所が使われた6話のネタバレ(あらすじ)をご紹介します。

スポンサードリンク


美食探偵明智五郎6話のネタバレ(あらすじ)は?

こちらが美食探偵明智五郎6話のネタバレ(あらすじ)です。

明智(中村倫也)の実家である扇屋百貨店の将来を案じて母寿々栄(財前直見)が、お見合いをセッティングします。明智は、弟の六郎(草川拓弥)と一緒に出席するはずでしたが、時間になっても六郎は会場の料亭に現れず、明智を送り届けた苺(小芝風花)が、寿々栄の提案で六郎に成りすましてお見合いに出席することになりました。

そこには既にマリアファミリーの影が…。

お見合いでは、美味しそうな料理が次々と運ばれます。シェフ伊藤(武田真治)は料理人として調理場に潜入し、林檎(志田未来)は仲居としてお見合い会場に料理を運びます。明智にも料理を配膳しますが気付かれません。

そんな中、いろいろなハプニングが起こりお見合い会場は超パニックに。

その直後、お見合い相手の社長令嬢 紗英(北原里英)が苦しみだし急死します。マリアの影を見た明智は、フグ毒による事故死かのように見せかけたマリアの殺人計画だと確信します。しかし海老アレルギーの明智に配膳されるはずの料理が、紗英に配膳され毒が盛られていたことに気づきます。狙われていたのは、明智だったのです…。ついに、マリアは明智を…?

マリアに狙われたのではないか?とショックを受ける明智の前に、マリアが現れます。

「私が興味があるのはあなただけ。」と言うマリアに対し、「なぜこんなことを…?」と問う明智。

「私があなたを殺そうとしたとでも?そんなことしたら最後の晩餐が一人になっちゃう。確かにあなたは殺されようとしていた。でも、犯人は私ではないわ。」というマリアの言葉に、明智は真犯人の存在を確信します。そして、マリアが守ってくれたことも。(代わりにマリアにとって邪魔な存在のお見合い相手を殺しちゃいましたけどね。)

それを見ていた苺は、最初の事件で崖から身を投げた主婦が『マリア』だと気づきます。

マリアと対面する苺。

マリアから改めて忠告を受けます。「私と彼の前から消えて。さもなくば、彼の目の前で殺す。」

 

百貨店役員の伊達(小市慢太郎)は、百貨店の実権を握るためには明智の存在が邪魔で、毒殺を企てていたのです。六郎のお手柄で、お見合い相手の紗英が伊達の彼女だったこと、苺のお手柄で、事件後に消えた料理人と仲居を買収してフグ毒を明智に食べさせようとしていたことが明かされました。六郎がお見合いに遅れたのも、紗英のことを知っていたから会わせまいと酔いつぶれさせていたのです。

計画は仲居が裏切り、明智と紗英の料理をすり替えたことで失敗に終わってしまいました。計画は、マリアに乗っ取られていたのです。

みんなの前で明智の推理を披露されると、「私が五郎さんを殺そうとした?ばかばかしい。私がやったというなら証拠を見せてください。」と開き直ります。しかし、伊達がいれた明智の目の前にあるコーヒーから毒が検出されればそれは確かな証拠。「憶測だとおっしゃるのなら、今ここで一口飲んでいただけませんか?」と明智が詰め寄ると、伊達はコーヒーをひっくり返して部屋を飛び出し、逃げていきました。

明智の毒殺計画が失敗に終わり逆上した伊達は、今度は明智を料亭内の小屋に監禁し、これまでの不満をぶちまけて火をつけます。去ろうとする伊達に、明智が、幼稚園の帰りに商店街の古いそば屋に連れて行ってもらい、「かつ丼を食べるならとんかつ屋よりそば屋だ。」と教えてくれたことや、夢中で食べる明智の顔を覗き込んで「どうだ、悪くないだろう?」と言ったことをよく覚えていると話します。そして「あの時のあなたの笑顔がすごくかっこよかった。」「ありがとう。」と感謝を述べますが、伊達は「もう遅いんだ。」と言い残し去ってしまいます。

燃え上がる炎。炎に包まれる明智。

「先に帰ってろ。」と言われた苺ですが、明智の身を案じて駆けつけます。しかし、「来るな!僕の助手なら言うことを聞け!」と明智に止められ、自らも足がすくみ炎に飛び込むことができません。意識が遠のいていく明智…。苺が泣き叫びます。「いやあーーー!!」

すると、マリアが姿を現し「私は愛する人のためになら迷わず命を捧げるわ。」躊躇することなく平然と炎の中に入っていきます。

明智が縛られている縄を解くと、「こんな美学のない事件を一瞬でも君が企てたと疑ってしまった。」とマリアに謝る明智。「誰だって間違いはあるわ。私は “マグダラのマリア” 罪深き女。そしてあなたとの最後の晩餐を夢見る女。その日まで私たちは生き続ける。」二人は見つめ合い、熱いくちづけを交わします。

苺は立ち尽くし、外からただその情景を見ていることしかできませんでした。そして、二人の間には入り込めない何かが存在していることも身に染みて感じとったのでした。

 

愛する人を殺そうとした伊達に対して怒りがおさまらないマリアは、毒入りのサラダでフィニッシュ。マリアファミリーが勢揃いし、倒れ込んでいる伊達を見下ろします。

「私はただ愛する人との未来を守りたいだけ。」そのためなら、手段を選ばないマリア。

「あら、愛ってそういうものでしょ。」と微笑みながら、ワインを口に運ぶのでした。

 

いかがでしたでしょうか?
ここで、美食探偵明智五郎6話を見た私の感想もお届けしますね。

スポンサードリンク


美食探偵明智五郎6話の感想は?

美食探偵明智五郎6話を見た私の感想ですが、マリアファンの私にとっては、やはりマリアの登場が多く、明智との絡みがあるとワクワク、ドキドキ、ゾクゾクしてテンションが上がりますね!

明智が狙われているとなれば、マリアはリモートで静観しているわけにもいかず、自らが救い、制裁を加えるために近くまでやってきたのでしょうね。愛情がいっぱい溢れていますよ。

「愛する人(明智)のためなら、迷わず命を捧げる。」
「愛する人(明智)を守るためなら、手段を選ばない。」
「愛する人(明智)との未来を守りたい。」

愛する人(明智)への思いだけで、今回は4人(伊達、紗英、秘書2名)も人殺ししていました。マリアの原動力はすべて “明智への思い” なんだなあと改めて感じました。

結果、マリアと苺の対決は今回マリアの圧勝と言えますが、苺に対するとどめのお言葉と迫力がまたすごかった…しびれました。「愛する人の命よりも自分の命が大切。そんなことはよくあることだから。今のあなたのように。」と言って、苺の頭に手のせ、(私は違うけどという感じで)鼻で笑って去って行く姿!もうマリア様なのか小池栄子様なのか分からなくなるくらい、小池栄子さんの演じる “マグダラのマリア” でなければ出せない風格でした。またまた、ファンになりましたよ!

あと、明智が美味しものを食べた時に最高の褒め言葉として使う、「悪くない」の原点が判明しましたね。幼い頃、伊達さんに連れて行ってもらったそば屋で美味しいかつ丼を食べた時に伊達さんから「どうだ、悪くないだろう。」と掛けられた言葉だったんですね。よっぽど、かっこよく見えたんでしょう。

それと、お見合い中に明智が無茶振りした苺のボイパもおもしろかったです。あのボイパは小芝風花さんの自作だったのでしょうか?可愛いし、なんかこっちも恥ずかしくなるし、とにかく頑張っていました。別のバージョンで、また見たいです(笑)
 
残念ながら7話以降は放送延期となりましたが、放送予定日はいつになるのでしょうか?

スポンサードリンク


美食探偵明智五郎7話の放送予定日は?

美食探偵明智五郎7話の放送予定日を勝手に予想したいと思います。

まだまだコロナウィルスへの警戒が解けませんので、しばらくは撮影が滞ると思われます。

前半では葉書やネットでの登場が多かったマリアも回を増すごとに、明智の身近に現れるようになっています。最終話ともなると、対面での展開が必須でしょう。

いつになったら、通常の生活に戻れるのでしょうか…?

ドラマのサイクルでいくと、4月春ドラ、7月夏ドラ、10月秋ドラ、1月冬ドラな訳ですが…

6月中に全話終えるのは難しいような気がします。うーん…予想が難しいですね。

でもこのままコロナが終息することを前提に、前向きに考えて、撮影再開が2週間後とすると、
次回7話の放送日は、6/14(日)であることを期待しましょう。

美食探偵明智五郎のネタバレは以下からご覧ください。

美食探偵明智五郎6話まとめ

美食探偵明智五郎6話のまとめです。

今回は “明智のお見合い” の場で毒殺事件が起こり、真相を探ると裏には “明智の毒殺計画” があったというお話でした。

マリアは全てを知っていて、事前に根回しをしていました。明智を守るためには手段を選ばず、平気で殺人をするマリアの行動は正しくありませんが、自分の大切な人を守るという深い愛情があそこまでブレないとかっこいいですし、正しいのかもという錯覚にも陥ります。

実際に明智も苺も、今回に限っては『明智を守ってくれた恩人』としてしかマリアを見ていなかったような…。(代わりに人が殺されたんですけどね。)マリアの愛情の深さは、悪をも正義に変えてしまう力があるんですね。

対する苺の気持ちも、ダダ漏れしていました。マリアの気持ちには敵わないと思いながらも、明智に対する気持ちが止められなくなってしまって苦しんでいるのに、鈍感な明智にはなかなか届かず、「料理人としてずっとそばにいてほしい。」とか言っちゃっていました。気づいてくれる日はくるのでしょうか?

番組の最後は、コロナウィルス感染拡大防止のために、黒い背景の中、明智と苺が結構な距離をおいて向かい合い、座ったスタイルで撮影されていました。テレビドラマなのに、舞台での二人芝居を見ているようで緊迫感があり、これはこれでよかったです。

次回以降ラストに向けての期待が深まる中ですが、今後の撮影再開は未定ということです。とても残念ではありますが、更に期待を膨らませる充電期間と考えて、楽しみに待つことにしましょう。

最後まで、お付き合いありがとうございました。

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました