紹 介

少女趣味(ロリコン)や性器や糞尿など、変態的とも評される過激な描写で時代に揺さぶりをかける現代美術家、会田誠。本作品「駄作の中にだけ俺がいる」は2009年7月から2010年5月まで、海外(サンフランシスコ・北京)と国内各地での創作現場に密着し、迷い、中断し、逃げ、そしてまた戻ってゆく現代美術家の心模様を静謐に描いたドキュメンタリー映画である。

サラリーマンの死体の山を千体以上も描かなくてはならない大作「灰色の山」完成に向けての作家の葛藤を縦軸に、現代美術家で妻の岡田裕子と息子寅次郎との心温まるエピソード、友人が語る問題児だった少年時代、若きアーティストたちとの交流などを織り込みながら、カメラは創作中のつぶやきを克明に拾い、タメ息とともに少しずつ巨大絵を仕上げてゆく会田を追う。やがて私たちは、根気よく続けることが苦手な多動性障害(ADHD)だったという彼が、もっとも苦手な手法で作品をつくり続けていることと、そのモチベーションをどこから生み出してくるのか、気付くことになる…。

詳しくは、公式ホームページへ »

contact us / お問い合わせ

お名前 Name *required

メールアドレス Email Address *required

件名 Subject *required

コメント Comments*required

  • 映画「駄作の中にだけ俺がいる」

    今最も注目される異色の現代美術家:コンセプチュアルアーティスト 会田誠のドキュメンタリー映画のオフィシャルブログです。
    駄作の中にだけ俺がいるbnr

    YouTube版はこちら
  • タグ tags